借り入れ

お金の借入|初めてのキャッシング

お金を借りたい時は、一般的に銀行で借りる事を思い浮かべますが。お金を借りるために、多くの書類を用意し、融資が実行されるまでには長い間待たなければならないので簡単には借りられないというイメージがあります。

 

その為、お金を借りるということはとても難しいことと思ってしまいますが、キャッシングは、簡単にお金を借りられるシステムになっています。

 

申込も非常に簡単で、申込者がする事は申込書の記入と本人確認書類の運転免許証または健康保険証、パスポートなどを用意するだけですし、審査に通ればその日にお金を借りることもできます。また、自分がいくらまで借りられるのかも知っておくと良いです。
年収の何割くらいまでカードローン限度額で融資可能?

 

キャッシングが申込める金融機関

キャッシングは小口金融として、消費者金融が最初に始めたサービスなので当然消費者金融へ申込ができます。
最近はクレジットカードでもキャッシングができますし、クレジット会社でもキャッシングの申込ができます。

 

本来銀行は大手企業などに融資することに軸足を置いていましたが、不況が続く事から大口融資が見込めなくなり、営業方針を小口金融に切り替えた銀行が増えたことから、大手銀行や都市銀行、地方銀行などでも申込ができます。

 

消費者金融のキャッシング

消費者金融は1960年代に大阪で誕生しました。
当時の呼び名は消費者金融ではなく「勤め人信用貸」とか「団地金融」と呼んでいました。

 

1970年代に入ると、オイルショックでお金を借りる人が急増し、主にサラリーマンの利用者が多かったので「サラ金」と呼ばれるようになります。
当時は、年率100%を超える超高金利や暴力団まがいの取り立てで大きな社会問題となりました。

 

その後消費者を守るという立場から、金融庁が貸金業法の改正をおこない、金利や取り立て方法、宣伝方法などが厳しく制限されるようになりました。
最近では、大手消費者金融は銀行グループの傘下に入り、銀行グループの一員として事業をおこなっていますので、過去に合ったような暗いイメージもなくなり、安心してキャッシングが申込めます。

 

このように消費者金融は歴史も古く、小口金融だけに特化しているので、膨大なデータやシステムやノウハウが完成されていますので、審査時間も早く、申込から融資まで、最短申込をしたその日に借りられるという即日融資を可能にしています。

 

クレジット会社のキャッシング

クレジットカードと言えばJCBやVISA、アメリカンエキスプレスといえばご存知かと思います。
以前のクレジットカードはショッピングや飲食に利用するだけでしたが、最近はクレジットカードにキャッシング機能が付加され、クレジットカードでキャッシングが可能になっています。

 

また、クレジット会社もキャッシングに乗り出したことから、キャッシングの申込ができるクレジット会社も増えています。
クレジット会社の金利は消費者金融とほとんど変わりませんが、中には銀行カードローン並みの低金利の商品もあるので、お金を借りる時はクレジット会社でのキャッシングも選択肢のひとつに考えてもよいかと思います。

 

銀行カードローンでキャッシング

銀行は本来、軸足を大企業などの設備投資や事業資金に置いていましたが、長引く不況から大手企業がお金を使わなくなったため、融資先があっても銀行同士の競合になり思い通りの利益が上げられなくなります。

 

そんな時、消費者金融が莫大な利益をあげているのを見て、銀行も大企業への融資から小口金融に切り替えたいと思いますが、そのためには多大な費用が必要になるので、できれば消費者金融と提携したいと考えます。

 

消費者金融は当時、金利の引き直しや金利の返還訴訟を受け資金が枯渇するという状況になり、銀行と提携できれば銀行の豊富な資金が利用できるし、銀行という安心感も得られるということを考えます。

 

お互いの想いが一致したことで、現在は大手銀行グループの傘下に大手消費者金融が入っています。

 

それまで銀行は、審査が厳しく申込をしても融資までに時間がかかることや、何よりも小口融資をした時の取り立てなどが不得手なため、大手消費者金融と提携することで解消できるようになりました。

 

現在、多くの銀行はカードローンに軸足を置き、積極的な顧客獲得に務めています。
また、消費者金融と提携することで、それまで不可能だった即日融資も可能になっていますし、少しでも多くのかたに利用してもらうために、金利を低く設定しています。

 

安心してキャッシングを続けるには

キャッシングは簡単な条件さえ整えば、手軽に申込ができます。
始めの頃はお金の管理にも気を付けますが、馴れてくると「これくらいならなんとかなる」といったように無計画な借入をするようになります。

 

やがて返済に行き詰まり、返済の為に新たな申込をしなければならなくなり、多重債務者が急増するということが過去にはありました。
そうならないためにも「借りたお金は必ず返す」「無理な借入は絶対しない」という事を忘れずに利用すれば、キャッシングは日常生活を潤してくれる便利なツールとして役に立つはずです。

更新履歴